デベロッパー アカウントの確認

本日GooglePlayさんの新しい要件に準拠しました。

先日からGoogle Play Console デベロッパー アカウントの確認が出来るようになってました。

「ワイが指定した締め切り日までに確認が出来なかったらブチコ〇ス」みたいな事がサラッと書いてありますね。

確認開始日、予約したっけ?みたいに記憶が薄れるほど前から待たされていたことを思い出しました。

Googleさん相変わらずです。流石です。

では作業を開始します。

ふむふむ。まずアカウントの種類を組織か個人かどっちか選べと。

僕は個人事業主なので組織を選びます。

今度はお支払いプロファイルをリンク。了解~

え?新しいお支払いプロファイルを作成するの?

。。。

大人しく指示に従って新しいお支払いプロファイルを作成します。

ここで新たな伏兵「D-U-N-Sナンバー」が登場。

D-U-N-SナンバーはAppStoreに登録したとき取得していましたので僕はそれを使います。

当時、右も左も分からなくて国内の窓口である東京商工リサーチさんに匿名で問い合わせたら

なんか人の足元を見たような有料サービスへ案内されて妙な圧を感じた記憶が蘇ります。

その後、AppStoreのサポートに相談したら直接D&Bの連絡先を教えてくれたので

アメリカにあるD&Bの事務所と英語でメールのやり取りをして取得しました。(タダでした)

話が脱線しましたがD-U-N-Sナンバーを入力して次へ

ちゃんと登録されているようで自動ですべての情報が入力されていました。

D-U-N-Sナンバーから導き出された組織名は英語表記。住所は日本語表記でした。

そういえばこないだ東京商工リサーチさんから突然電話が掛かって来て事業の情報を根掘り葉掘り聞かれました。

嫌な感じだったので「ところでなんで私の連絡先を知ってるのですか?」と言ったら早々に電話を切られました。

また話が脱線しました。サクッと送信。

ステータスが確認中になりました。

その数分後

ステータスが本人確認になりました。組織の情報は無事受理された模様です。

本人確認を始めます。

お馴染みの「税務署のハンコが押してある個人事業の開業届出書の控え」と「運転免許証」で進めます。

スキャンした画像をアップロードしたら確認中のダイアログが出ました。

OKを押して進めます。

ステータスが本人確認中になりました。

そして一時間くらい経ったころ、、

完了メールが来ました。おめでとうございます(^▽^)/

ちなみに組織の登録書類として出した書類にある屋号は漢字でしたが問題ありませんでした。

作業開始から確認完了まで2~3時間くらいで意外と早かったです。

お疲れさまでした~

ノシ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です