SUPERTONE SHIFT

今回は韓国のリアルタイム音声変換サービス「Supertone Shift」を試してみます。
遅延ほぼゼロの評判はガチでした。

では今回の作業を記録していきましょう。

https://product.supertone.ai/shift
まずはサイトに行ってインストーラをダウンロード。

僕はWindows版を使いました。
ダウンロードが完了したら解凍してインストールします。

インストールが完了したらSupertone Shiftを起動します。

右にあるSign Inボタンを押します。

Google IDでログインするか、新規でアカウントを作成。

ログインが出来たらStartボタンを押します。

マイクとスピーカーの設定が求められますので設定します。

続けて声の分析に進みます。

カッコよく英語で読む雰囲気なのですが、あえて
「わん、つ~、すり~、ふぉ~、ふぁいぶぅ~」
というバリバリの日本語(関西弁)で読んでおきました。

すぐに使えるようになりました。

す、すごくリアルタイムです!!!(語彙力)
ほぼ遅延がないので変換後の声に逆に引っ張られるという、
なんとも説明が難しい不思議な感覚が得られました。

あらかじめ用意された10人のキャラクターボイスが使えます。
追加はできません。キャラを選ぶと一瞬で声が変わります。
今回は僕の声と相性の良かったSerinちゃんを選びました。

では早速、clusterのアバターで喋ってみましょう。

VC Clientの時とは違い、標準でバーチャルなマイク出力が用意されてました。
なんという親切設計!惚れてまうやろー!


では、なべちゃん行きまーす!

めっちゃ快適やん~!

たまに変換ノイズが発生しますが不快な感じではなかったです。
CPUにもGPUにも全然負荷がかかってません。
これはマジでヤバい。今後の動向に注目です。

でも家族にまた「キモっ!」って言われました。
どうやったらキモくなくなるん?(涙目)

~終了~

ご清聴ありがとうございました。

まだバッキバキのビギナーです。
出会ったら優しくしてくださいね!

のし


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です